グッドナイトムーン

グッドナイト・ムーン

才能溢れるフォトグラファーのイザベル(ジュリアロバーツ)は、
2人の子供を持つルークと一緒に暮らし始める。
子供たちは、イザベルに心を開かず、
ルークの別れた妻、ジャッキー(スーザンサランドン)を慕ってばかり。

イザベルは、自分の方法で子供たちと付き合い、
いい関係を築いていこうとしていた。
そんなとき、ジャッキーがガンに侵され、先が長くないことがわかる。

2人の母親が、それぞれ子供のことを大切に思っているのが
伝わってくる。切ないほど。
それが、涙を誘う。

イザベルとジャッキーが2人でアンナの結婚式の話をしたときの2人の涙。
振られた男の子にアンナが、タンカを切ったときのイザベルの笑顔。
クリスマスの朝、ジャッキーがベンに贈った贈り物。
すべて、愛情が溢れていて素敵だった。



スーザンサランドンの演技は、リアルで惹かれる。
ティムロビンスとの生活は、想像つかないものがあるけど・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2005-10-30 17:35 | シネマ