<   2007年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ビタミンF
重松 清

2001年直木賞受賞作。
重松さん本の旅は、まだまだ続きます。


一見、幸せそうに見える家族の裏、影。
やりきれない気分になるけど、それが真実。
ハッピーエンドとは言えない終わり方なので、読了後、
ざらっとした気持ちにはなる。
でも、登場人物達の前に進もうとする強さによって、
未来が、ちょっとはいい方向に進むんじゃないかな。って思える。
[PR]
by kaori-o-i | 2007-06-29 00:11 | ヨミモノ
葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午

予備知識ゼロで読んだもんだから、びっくりってもんじゃないですよ。
最後、どうやってつながるのかなぁ程度にしか思ってなかったのに。

なんか悔しいのでもう1回読むと思う。
でも、色々と無理な設定があったと・・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2007-06-28 23:29 | ヨミモノ
西の魔女が死んだ
梨木 香歩

やさしい気持ちになれる。温かい気持ちになれる。
汚い言葉がなくて、ずっと穏やかなまま読み進められて。

この先、何度も読み返してしまうだろうと思った作品。


おばぁちゃんの言う「アイノウ」に、自分も受け止めてもらえてるような気がしちゃったなぁ。
[PR]
by kaori-o-i | 2007-06-28 23:24 | ヨミモノ
そして、ひと粒のひかり

南米コロンビアに住む17歳のマリア。
どうしてもお金を手にしたくて、麻薬密売のための運び屋をすることに。
62粒の麻薬を飲み込み、コロンビアからNYへ。
いつ捕まってもおかしくない状況。
異の中にある麻薬が破裂し、命を落とすかもしれない。

そこまでして、現実を変えたかった。
お腹に宿した子供のために。自分のためにも。


うーん。重かった。
でも、最後のマリアの笑顔を信じたい。
[PR]
レイヤー・ケーキ

少し前までの私であれば、面白く感じなかったんだろうなぁ。という感じの作品。
最近は、こういう作品も好きになってきた。
好きなジャンルが増えるのは、楽しいことです。

麻薬ディーラーxxxは、その世界から足を洗おうと、
最後の仕事を引き受けた。
が、一筋縄では終わらないその仕事。
彼の知らないところで、いろいろな力や復讐、欲望が渦巻いていた。

ダニエル・クレイグ、顔は好きじゃないけど
佇まい、雰囲気が好き。寂しげな感じが。
頭のよい麻薬ディーラーの役がはまってました。
[PR]
幸せのポートレート

ダイアンキートン目当てで借りた。
サラジェシカパーカーは、あまり好きじゃないんだけど・・・

笑えるだけのラブコメかと思ってたら、全然ちがった。
かなり泣けるシーンも。

サラジェシカパーカー、やりすぎだろ。言い過ぎだろ。とハラハラもしたのだけど、
ダイアンキートンは、やはりいいです。
個性の強い家族をまとめる太陽のようなお母さん役。
すばらしかった。
[PR]
シン・シティ

ずっと借りてて、やっと観た。
想像以上に面白くて、カッコよくて、びっくり。
難しいよー。と言われていたので、かなりの集中力で鑑賞。
楽しめました。

ミッキーロークの変貌ぶりがスゴイですな。全然、気づかなかった。
ブルースウィルス、クライブオーウェンそれぞれはまり役で
いい感じ。
一番のはまり役は、ベニチオ・デル・トロか(笑)

★66位
[PR]
行ってきました。昨日。
JENの換気扇に指つっこむ事件で一時はどうなるかと思ったけど、
無事に櫻井さんの顔が見れ、声が聞けて、ホントによかったです。

そして、ライブは感動の嵐でした。
櫻井さん、かなり近くで見れた。かっくいいよ。
演奏曲も好きな曲ばかり。
「Any」辺りから、涙腺がゆるみっぱな。

幸せな1日になりました。
9月も楽しみだー

#とびはねすぎ、叫びすぎにつき、本日筋肉痛。声も嗄れてる。。。

セットリスト
[PR]
by kaori-o-i | 2007-06-23 11:34 | オンガク
f0008412_15363616.jpg


平日休みに買い物となると
いいモノが見つかるのでしょうか・・・

ずっと欲しいと思っていたフェリージのトート。
出会ってしまいました。
リバーシブル。裏は、ドツボのボーダー。
紺とカーキで迷ったけど、結局カーキに。
最後の1個だった。

テンションあがったー。

裏はこんなん
[PR]
by kaori-o-i | 2007-06-22 15:36 | ブツヨク
f0008412_215255.jpg


やっと観てきた。
「メメント」、「バットマン ビギンズ」のクリストファーノーラン監督。
楽しみにしてたのよ。

騙されたいような、騙されたくないような・・・
でも結局は、絶対見破ってやるわ。と気合を入れて、鑑賞。

クリスチャンベールとマイケルケインのコンビは、バットマンコンビ。
やっぱりマイケル・ケインは、いい味だしてるなぁ。
個性の強いヒュージャックマン、クリスチャンベールを受け止めるやさしさというか・・・
暗いトーンで進んでいく状態をちょっと穏やかにするといいましょうか。。

若干、ネタバレ
[PR]