カテゴリ:シネマ( 182 )

M:i-3 ミッション:インポッシブル3

イーサンハントは、やっぱりトムクルーズじゃないと。
って思わせるほどのはまり役だと思う。
今回は、それ以上にフィリップシーモアの悪役冷酷っぷりが、はまってたけど。

アクションはもちろんのことだけど、
今までのMIシリーズに比べると、イーサンの私生活やら人間くささが
垣間見れて、よかった気がする。

上海って、あんなにキレイな街なの知らなかった。



昨日から、テーマ曲が頭から離れない。。。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-26 23:51 | シネマ
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

昨日のエラゴンの影響もあり、
偶然BSでやってたロードオブザリングを再鑑賞。

1回観てるのに、号泣。
前みたときと同じタイミングで号泣。

映像のスゴさに目がいってしまうけど
ストーリーは、人間の弱さや強さや目指す希望とか
色々なことを教えてくれてる気がする。

あぁ、3時間半は長いけど・・・
やっぱりいいわ。


オーリー、かっちょいいね。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-24 23:49 | シネマ
f0008412_4465721.jpg


なまら、ドラゴン欲しい・・・。サフィラ欲しい・・・


期待してたけど、期待ハズレにならなかった。

ロードオブザリングを、今年まじめに観て
えらく感動してから、SFが大丈夫になった(笑)
むしろ、好きにまで。

ドラゴン、オスかと思ってたら、メスだったのよ。
それが、強い生物なのに、繊細なところまでわかってる気がして、
なんだか非常によかった。
エラゴンの人間っぽい感じもよかったし。
だって、呪文使うと体力奪われて、倒れるんだもの。
普通の人間っぽい。
自分がドラゴンライダーに選ばれた理由もわからず、試行錯誤っていうのも共感。


まぁ、話は、ロードオブザリングとスターウォーズを足して
2で割ったような感じではあるのだけど、続編は絶対映画館で観るだろうなぁ。

観終わったあと、
今後のⅡ、Ⅲはこうなるんじゃない?っていう話し合いが楽しかった。
当たってたら、ちょっと拍子抜けだけど。

エラゴンよりも、従兄弟のローランの方がかっこよかったっす(笑)

More
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-24 04:54 | シネマ
卒業の朝

名門校で歴史を教えていた老教師・ハンダートが、
教師を引退したある日、25年前の卒業生から招待を受ける。
招待したのは、問題児のベルだった。
ベルは、今では大企業の会長となり成功をおさめていた。

25年ぶりに、大勢の卒業生に囲まれ
伝統行事だったジュリアス・シーザー・コンテストを行う。
このコンテストでベルは25年前、
苦い思いをしたため、そのリターンマッチを望んだのだ。



学園モノ大好き。これも当たりだった。

他人ではなく、自分に恥ずかしくない生き方。自分に誇れる生き方。
考えさせられるコトが多々。
そして、やはり教師は大事だなと。
道を示してくれる人がいるということは、素晴らしいことだ。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-20 23:42 | シネマ
大いなる休暇

これまた、暴力なしのピースフルな映画でした。
フランス語喋ってたけど(調べたら、カナダでした。設定。)、
雰囲気はイギリスっぽかったな。
イギリスの映画大好きだから、なかなかのヒット。

罪のない、幸せになれるウソであれば、おおいに結構。
あんな島で過ごせたら、
ほんとに大いなる休暇になるだろうなぁ。と思った。

ほっこりできる一作でした。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-20 00:11 | シネマ
メゾン・ド・ヒミコ

独特の空気感のある作品。心地よい感じ。
笑いもあり、えろちっくなシーンもあり、
セリフに共感できたりとなかなか楽しみました。

kzkさんが大絶賛していたのも、うなずけた。


ルビーのその後が、凄く気になったけど・・・。

にしても・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-17 16:51 | シネマ
ウォルター少年と、夏の休日

不覚にも会社でお弁当食べながら、泣いた。

期待を裏切らない温かさで、優しさで。
いい映画の王道ですよ。これは。

ハーレイ・ジョエル・オスメント君が、ちょいと大人になってるのだけど
相変わらず演技が上手くてね。
笑顔も変わらないわけです。
ペイフォワードの頃と。
いい俳優さんになってほしいと思います。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-15 23:19 | シネマ
f0008412_0162766.jpg

今まで観たことない。こんな人間くさいジェームズ・ボンド。
顔には常に傷があるし、死にそうになるし、捕まるし、どっぷり恋に落ちるし。
でも、これはこれで、素敵なボンド。
愛着がわくというか。

違和感がありそうだったダニエル・クレイグのボンド役。
全然はまってて、逆にびっくり。
青い目とかっこいいお尻にノックアウトです。。


終わってみれば、結構長い映画だったのだけど、
あまり長さを感じないテンポのよい映画でした。おもしろかった。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-15 00:20 | シネマ
f0008412_09369.jpg


痛いんです。目をふさぎたくなるんです。
とりあえず、痛いんです。

グロさは、前回、前々回を軽く越える。
痛さは、前回(SAW2)の勝利。
#一番イヤだったのは、注射の穴に落とされるやつ。
衝撃度は、前々回(SAW)の勝利。


今回の良かった点は、
SAW、SAW2でのアマンダの役割や
ナゾだった部分がわかったこと。あの人達のその後とか。


SAW4は、映画館には観に行かないと固く誓いました。

だってさー。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-15 00:14 | シネマ
ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決

ジョン・グリシャム原作の作品。裁判モノ。
陪審員を陰で操る人たちのかけひき。
陪審員制になる日本にも、こんな職業の人たちが登場してくるのかしら。
秘密を握られ、いいように操られるのかしら。
と思いつつ、内容的にはイマイチ。

ジョン・キューザックもレイチェルワイズも好きなんだけど・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2006-12-12 20:57 | シネマ