告発のとき@スガイ

f0008412_0371054.jpg


イラク戦争に行っていたはずの息子が行方不明に。
父親は、息子を探すが、彼は遺体で発見される
息子の死の原因を突き止めようとする元・軍人警察の父親。
地元の女性刑事と一緒に手がかりを探す


息子の死も毅然とした態度で受け止めた父親だが、
死の真相を追っていくと自分の知らない息子の姿が見えてくる
そのショックがどんどん父親も追い込んでいく
潔癖すぎるほどの性格に余裕がなくなってたり、
悪夢(というか息子の助けを求める声)にうなされたり。

戦争は、戦争へ行った本人達にとっても
計り知れないほどの衝撃を与えたり、人間らしさを失ったりと
大きな損害を与えるのに
本人達だけではない、周りの人たちにとっても大きなダメージを与える


英雄きどりのアメリカももちろんだが、
いつのまにか、
他人事になってしまっている日本人も
戦争について考えなくては、いけないことがたくさんあるはずと認識させらた作品。
[PR]
by kaori-o-i | 2008-07-02 00:50 | シネマ '08