閉鎖病棟

閉鎖病棟
帚木 蓬生

冒頭、時代も登場人物も異なる話が何本か。

どうやってつながっていくのかと思うと一つの精神病院へ。

あまりにも描写が細かく、自分も病院にいるかのような気分に。
ちょっとぐったり。

しかし、読み進めていくうちに
そこにいる人たちの優しさや正直さに打たれる。


チュウさんの退院、秀丸さんの裁判。
涙があふれた。

希望ある終わり方に感動。
[PR]
by kaori-o-i | 2008-03-13 22:35 | ヨミモノ