善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ

静かな、静かーな時間が流れてます
だからこそなのか、どっしりと・・・
140分もある長い作品なのに、時間を感じない。
最後のシーンがたまりません。
ヒットでした。うーん、ヒットでした。






ヴィースラーが自分のなかで絶対的なものであった国家に
叛いてまでも、守ろうとしたものがなんだったのか。

邦題とソナタを聴くシーンでの涙から
「善き人のためのソナタ」のせいだったかと思うけど、
もちろん、それだけではないはず。

ヴィースラーが最後に言う

「私のための本だ」

というセリフ。
あー、よかった・・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2007-10-29 21:44 | シネマ '07