グラスホッパー

グラスホッパー
伊坂 幸太郎

「鯨」「蝉」「鈴木」。
「自殺屋」「殺し屋」「普通の人」。
3人の登場人物の視点で描かれる物語。

色々な伏線。どんでん返し。
一つの点に終結していく様がさすがです。一気読み。
普通じゃない話で、狂気じみた感じもするけど
これはこれで、面白かったな。

押し屋家族と鈴木のやりとりが、
殺伐とした話の中で、ほっとします。
孝次郎が可愛いんだぁ

『バカジャナイノー』





伊坂ワールドさすがに、11は気づきました。
[PR]
by kaori-o-i | 2007-07-11 21:34 | ヨミモノ