葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午

予備知識ゼロで読んだもんだから、びっくりってもんじゃないですよ。
最後、どうやってつながるのかなぁ程度にしか思ってなかったのに。

なんか悔しいのでもう1回読むと思う。
でも、色々と無理な設定があったと・・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2007-06-28 23:29 | ヨミモノ