ラッキーナンバー7

f0008412_0375851.jpg

今年始めて(!)の映画館。
今日までの公開、ギリギリセーフで観てきました。ラッキーナンバー7。

いやぁー、仕事帰りダッシュした甲斐があった。
すごくツボな映画でございました。面白かったー。

最初、人が次々と殺されるシーンが続く。
誰が殺され、なんで殺されたのかが全くわからない。
つながりも見えないし。
そして、微妙なカットわり。
うわー、この映画、はずれか?と思いきや・・・
どんどん引き込まれ(途中でオチが読めてきたけど)、
あらー、そこまでは読んでなかったわー!という感じで終わります。


この作品、とにかく出演陣がすごい。
スレヴィン役のジョジュハートネット、今まではあんま好きじゃなかったけど
笑ったときの甘い顔と真剣な顔のギャップにやられた・・・
モーガンフリーマン、大御所ベンキングズレー。はずれなわけがない。
あと、プラダを着た悪魔で私に感銘深い言葉を残してくれたスタンリー・トゥッチも出演。
あなたのおかげで、仕事頑張れてるのよ!





最後、時計がKeyになる。
私の大好きな時計IWCですが、
今回は、あの安っぽい時計に完敗です。


ルーシーリュー、おいしい役だったなぁ。愛されて。
最後、ルーシーリューがかわいそうじゃん!と思ってたところに、
あれだぁ~。素晴らしい!!


この記事、また、長い!って怒られるんだろうか・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2007-02-10 00:51 | シネマ '07