アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎

さすがっ!といった感じ。
伊坂ワールド満載。

引越してきたばかりのアパート。
なんの因果か、隣に住む青年に本屋を襲わないか?と誘われた椎名。
このときから、3人の若者の物語(2年前の出来事)、
その終わりに巻き込まれていたのだ。

文句なく、おもしろかった。
最初から感じていた違和感は、間違いなかった!!






コインロッカー、最後のシーンででてきたのもあるけど
椎名と河崎が住むアパートの象徴って感じ。

椎名のおばさんが響野の奥さんっていうつながりも
ちょっと嬉しかったり。
[PR]
by kaori-o-i | 2007-01-08 19:01 | ヨミモノ