片想い 東野圭吾

片想い


1年位前から東野圭吾にはまって、ほとんどの文庫本を読み尽くした。
きっかけは、なんだったかな。
「誰が彼女を殺した」かな。
あー、こんな本の書き方もあるんだぁ。とすごく衝撃をうけた。
で、それから、ほとんどの本を読みました。

最近、東野圭吾って、ミステリーなんだけどミステリーじゃない本、書いてる。
もっと深いの。(って私の言葉が浅いが・・・)
ミステリーとスポーツものが混ざってたり、ミステリーと社会問題が絡まってたり、
色んな世界が繰りひろげられてる。

で、この本もばりばりの社会問題を含んでる。
考えさせられる。軽い言葉だけど、そのまんま。
性同一性障害の話。簡単には話せないよね。
でも、おもしろかった。
あれには、やられたな。
「わたしは、あっちの世界には入れてもらえないのですね」ってやつ。
女って、怖いなぁって思ったよ。
ま、わたしなら言っちゃうけどね。知ってたっちゅーの。って。
これが、ダメなのか・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2004-08-29 01:25 | ヨミモノ