犯人のいない殺人の夜 東野圭吾

犯人のいない殺人の夜


出張中の仙台で、読んだ本。
「意外な人が犯人なのよ」シリーズが集まった短編です。

意外な人っていうか、殺意があったわけじゃなく
犯人が自分の犯した罪にも気づかない。というやつもあれば、
殺された方が、自分がなんで殺されたのかがわからない。
みたいなのもある。
色んな話がもりだくさんです。
なんでこんなに色んな話が思いつくのだろう。と思うくらい、東野さんってすごいね。
(作家だから当たり前と言われてしまえば、それまで・・・)
[PR]
by kaori-o-i | 2004-08-29 01:32 | ヨミモノ