夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER 森 博嗣

夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER
森 博嗣 / 講談社

萌絵の高校時代からの親友、杜萌が名古屋の実家へ里帰りした次の日、
何者かに誘拐される。家族は既に前日から別荘で監禁されていた。
杜萌もその別荘へ連れて行かれるが、
そこで見たものは犯人が射殺された姿であった。

杜萌一家は無事に解放されることになるが、盲目の兄が姿を消したままとなってしまう。


人は弱いもの。時間が経てば、人は変わってしまう。
でも、人はやり直しができる。と思いたくなった。
[PR]
by kaori-o-i | 2004-10-29 10:26 | ヨミモノ