四季 春 森 博嗣

四季 春
森 博嗣 / 講談社

「すべてがFになる」に出てきた真賀田四季。
彼女が両親を殺害した事件、13歳になるまでの話。
すべてがFになるでも語られてたけれども、彼女は多重人格。
(思いっきりネタバレだけど)
3人の人格があり、四季以外の人格は1人称で話を語るので
誰が誰だかわからなくなる。(最後までわからんかった)

これもシリーズになっていて、「春」「夏」「秋」「冬」と続く。
「春」はあくまでも、「夏」への序章という感じを受けた。
けど、話がわからない。わからないというか理解できない。
これも、もう一回読み直さないと、だめだ。。

最近、こればっかじゃん。
[PR]
by kaori-o-i | 2004-11-12 00:04 | ヨミモノ