四季 夏 森 博嗣

四季 夏
森 博嗣 / 講談社

春に引き続き、夏を。
これは、14歳の四季博士が両親を殺した事件について詳しく書かれている。
ナゼ、両親を殺したのか。
そして、「すべてがFになる」で語られた事件が、ナゼ起きたのか・・・

四季が誘拐され、保護されたときに
ある刑事におんぶをしてもらった。そのとき、その刑事は「犀川」と四季に名乗る。
ん???なんで?と気になって、この本を借りた後輩に聞く。
「秋」で明らかになりますよ。といわれたけど、だめ。いま、聞きたい。ということで、
聞いちゃいました。

うーーん。なっとく。
S&Mシリーズで、なぜ四季博士が犀川先生にこだわっているのか
気になっていたのだけど、それがわかった。
あと、儀同さんが、「創平くん」と呼ぶ理由も。
すごいなー。色んなつながりがあるんだな。S&Mしりーず。Vしりーず。


登場人物にちらほらと知ってる名前が。
春では萌絵さんがでてきた。最後の最後で。
夏では、犀川先生&喜多先生。そして、紅子(Vシリーズはまだ読んでないけれど)。
ちょっとうれしい。あぁ、この人は知ってる知ってるって感じで。
[PR]
by kaori-o-i | 2004-11-13 00:07 | ヨミモノ