六人の超音波科学者 森 博嗣

六人の超音波科学者
森 博嗣 / 講談社

Vシリーズ第7弾。
山奥の超音波研究所のパーティに招かれた紅子と練無。
研究所に行く唯一の橋が、爆破され、
二人を送り届けた保呂草と紫子も大きな密室となった研究所で立ち往生。

その研究所で次々と殺人事件が起こる。
犯人は、必ず研究所にいる誰か。紅子が犯人に迫る。

もう読むのSTOPしようと思いつつも
4人+祖父江+林のかけあいがおもしろくて読んでしまう・・・
今回も楽しめました。かけあいが。
[PR]
by kaori-o-i | 2004-12-07 21:15 | ヨミモノ