鎖 乃南 アサ

鎖〈上〉
乃南 アサ / 新潮社

「凍える牙」の音道貴子が登場する長編第二作目。

占い師夫婦と信者が殺される。
今回は、エリート刑事星野とコンビを組み捜査にあたることになった音道貴子。
仕事がしやすいと思った星野だが、とんでもない男だった。
その男のせいで、音道は犯人に誘拐され、監禁されてしまう。

音道が監禁された場所で、電話交渉にあたることになったのは、
あの事件で相棒であった滝沢だった。


やはり、うまい。心情描写が。
そして、星野のイヤミっぷりが。
ほんと、むかついたもの。星野。いやなところ、いやなところついてくるの。
この男に対する滝沢の対応で心救われたけど。
もっと、言ってやれ!滝沢おっちゃん。って思っちゃった。
この作品も、ラスト50ページは何度も読み直した。
スカッとするの。
[PR]
by kaori-o-i | 2004-12-27 00:09 | ヨミモノ