そのケータイはXX(エクスクロス)で 上甲 宣之

宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」
上甲 宣之

大学の先輩後輩である、しおりと愛子は辺鄙な山奥に温泉旅行へ向う。
しおりの失恋旅行として。
旅館で見ず知らずの古いケータイを手にしたしおり。
相手は、その温泉地に伝わる奇妙な言い伝えを話はじめる。
旅行にきた若い娘が、生け贄として捕らえられ
片手、片足を切り落とされるというのだ。
しおりと愛子、別々に温泉地から逃げようとする。

第一回「このミステリーはすごい」の受賞作。(大賞作は「四日間の奇蹟」)
今までになかった作風のミステリーで、読者からの人気がすごかったらしいので、
読んでみる。

第一章は、しおりサイドの話。
第二章は、愛子サイドの話。
で、第三章は、二人両方の話。って感じで進んでいく。
確かに、今までに読んだことのないストーリー展開。
ストーリーはおもしろいのかも。
でもね、文章のテンポがよくないのかなぁ。表現が古臭い感じなのかなぁ。
いまいち・・・・・

( ̄ヘ ̄)ウーン
[PR]
by kaori-o-i | 2005-02-25 11:09 | ヨミモノ