秘密 東野 圭吾

秘密
東野 圭吾

東野圭吾の文庫は、ほとんど読んでるけど、
これだけは読んでなかった。メジャーすぎて。

妻と娘が乗ったバスが事故にあい、妻を亡くした。
しかし、生き残った娘の体には妻の魂が宿っていた・・・


最後の数ページで、この本の題「秘密」がそういうことなのか。
と明かされる。
直子が一生背負うことになる秘密。
でも、彼女にも平介にもその道しか残されていなかったのだろう。って感じがする。
直子の強さでもあり、弱さでもあり。。
平介は弱いだけだったけど・・・・
[PR]
by kaori-o-i | 2005-03-21 16:22 | ヨミモノ