重力ピエロ

重力ピエロ
伊坂 幸太郎

感動した。
泉水と春のやりとりに、笑みがこぼれたり
泉水と父のやりとりに、涙がこぼれたり。

伊坂さんの本は、登場人物のキャラクターが濃いけど、
この本にでてくる人たちは、ちょっと薄め。
物足りない気もするけど、それほど気にはならない。

泉水と春のやりとりは、会話の内容は無機質なのだけど
根底には優しさや相手を思いやる気持ちが溢れてて。
この家族誰もが、当たり前だけど当たり前じゃないくらい、
お互いを思ってるのがわかるんだよなぁ。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-07-04 01:15 | ヨミモノ