おかしな二人

おかしな二人―岡嶋二人盛衰記
井上 夢人 / 講談社

なんだか、ほんとに恋愛小説を読んでるような感じがあった。
一人の視点から見てるから、
そう感じるのかもしれないけど、
別れたいけど、別れられない。
なんだか、かなり切ない気持ちになってしまう。

岡嶋二人をやめると奥さんに告げたときの
奥さんの言葉が全てを象徴しているような気がする。

この本を読んだからこそ、岡嶋作品のおもしろさが増すような気がするな。
裏を知りすぎてしまったっていうのも、もちろんあるけど。
[PR]
by kaori-o-i | 2006-06-24 22:43 | ヨミモノ