グラン・トリノ@試写会

f0008412_21542114.jpg


妻に先立たれ、一人暮らしの頑固な老人ウォルト。
人に心を許さず、無礼な若者たちを罵り、自宅の芝生に一歩でも侵入されれば、
ライフルを突きつける。
そんな彼に、息子や孫たちも寄り付こうとしない。
自動車工をリタイアしてからは、自宅を修繕し、ビールを飲み、月に一度床屋へ行く、同じ日々の繰り返しだ。
学校も行かず仕事もない少年タオが、隣に住むウォルトのヴィンテージ・カーを盗もうとして失敗したことから、
二人の不思議な関係が始まる。







もう結末がわかってるのだけど、感動します

回りの人達の鼻水を啜る音が激しかった

誰かのために命を捧げられた、そんな人を見つけられたウォルトは幸せだったのかもしれない
自分の病気を子供にも伝えられず、寂しい思いもしたけど、
自分の死に意味を持たせたかった。
それができたので、よかったのだろう。彼にとっては。

公開は、4月25日~。是非。
[PR]
by kaori-o-i | 2009-03-31 22:01 | シネマ '09